電通グループ内連携報告
電通メディカル×電通そらり

#グループ間交流 #サビスタ #ヘルスケア #農園そらり #電通そらり 

電通そらりのメンター(支援員)とサービススタッフの皆様 & 電通メディカルコミュニケーションズ 林(左から2番目)

電通メディカルコミュニケーションズは、メディカル・ヘルスケア領域に特化した事業を展開する、電通グループにおいて唯一無二の企業です。

この強みを活かし、グループ各社、さらにはサービスを提供する顧客そして社会とも手を携えながら、「人々の“生きる”を支えるために何ができるのか?」を常に考え、行動しています。


今回は、電通そらりの皆さんとの交流についてご紹介します。

電通そらりでは、知的障がいや発達障がいなどのある方が、“サービススタッフ(サビスタ)”として活躍されており、事業のひとつとして「農園そらり」を運営されています。

とあるご縁から、電通メディカルコミュニケーションズも「農園そらり サポーターズクラブ」に福利厚生の一環として参加させていただいています。

「農園そらり」は小田急線/喜多見駅から歩いて15分。

「世田谷区のこんな所に!?」と思ってしまうような立派な農園です。

約800m2もある農園をそらりのサビスタさんが管理し、様々な作物を育てています。

4月下旬、晴天のある日、私たちも初めての収穫体験に参加しました。

この日はちょうどツツジが満開、とても綺麗でした。

今日の収穫物はラディッシュです。

私たちも長靴や軍手をお借りし、いざ収穫にトライ!

まずは、ミニ大根の間引き作業から。

1つのポットに3つのミニ大根の株が植えられており、そのうち一番元気な株だけを残し、あとの2株は間引くという作業です。

間引いた株も破棄するのではなく、もちろんおいしくいただけます。

葉や小さな大根はそのままサラダにして食べてもよし、お味噌汁に入れるのもよし。

そして、いよいよメインイベント、ラディッシュの収穫です。

電通メディカルコミュニケーションズに割り当てられた畝にも無数のラディッシュが!

ラディッシュは想像していたよりも大きく、立派で赤々と育っていて、スーパーでよく見かけるラディッシュの倍以上はありそうです。

サビスタさんに収穫方法を丁寧に教わり、あとは黙々と収穫。

小さいものから大きいものまで、4.3kgもの大収穫!

土を落とす水洗い作業や梱包方法も教わりながら、電通そらりの皆さんと楽しい時間を過ごしました。

実際に食してみると、シャキシャキ、ジューシーで、“取れ立て”を実感できるおいしさでした。

「農園そらり」は、土と触れ合いながらグループ間交流ができ、しかもおいしい野菜をいただけるという素敵な場所でした。

次回はほうれん草の収穫。

今から楽しみです。

●電通そらり HPはこちら

https://www.dentsu-sol.co.jp/

トップページへ戻る